結婚指輪はシンプルなものがベストか

結婚指輪は日常生活のなかでも使うので、なるべくシンプルなものがベターと言われています。

しかし、普段使いのシンプルなものでなくても、石付きの少々ゴージャスなものでも問題ありません。


女性の約86%は石付きのもの、男性の約28%が石付きのリングを選んでいます。男性は女性よりも石付きのものは避ける傾向がありますが、そういう場合には女性だけ石付きにするというデザイン別に選ぶ方法もあります。
最近人気が高まっているのは、ダイヤやサファイアです。

結婚指輪は一度作ってしまうと替えが効かないと思われがちですが、つけているうちにデザインに飽きてしまったり、壊れてしまった時には、指輪のリフォームが出来ます。

一番確実なのは、購入したショップに持って行って相談することです。

名古屋のハリーウィンストンの特別な情報を載せています。

リフォームは専門外であっても、傷やサイズの変更などには対応してくれる場合が多いです。

結婚指輪を選ぶ時には、二人らしさを表現できるものを選ぶと良いです。



デザイン、素材、つけ心地などにこだわることで、永く使いたくなるリングになります。

出来れば普段のファッションに合わせやすいリングに仕上げるようにすると良いでしょう。

刻印など、細かいところにこだわるだけでも二人だけの結婚指輪の意味が深まります。



素材の人気傾向では、プラチナ、ゴールド、プラチナとゴールドのコンビ、などが人気です。


プラチナを選ぶならば、最低でも純度85%以上のものを選ぶようにしましょう。